指宿白水館 スタッフブログ

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

藤のジェラート??? 

おはようございます!神薗です

が遂に始まりましたね~(・▽・)
昨日の夕方から指宿は少し雨模様です。
楽しい連休ですから、今後はばっちり晴れてくれる事を願うばかりです。


さて、今が見頃の花と言えば……
s-平等院藤
ではないでしょうか
これは、薩摩伝承館の入り口にある藤の花です。

実は、薩摩伝承館を建てるとき、日本の伝統文化の美しさを伝えたいという事で、
京都・宇治にある世界遺産、平等院鳳凰堂をイメージして造られました。
これがご縁となって、なんと!!!開館2周年記念のときに、門外不出の「平等院藤」を
株分けして頂いたのです。

今年もきれいな花をつけたなぁ...と、眺めていると穏やかな気持ちになります。

藤が見頃ということで、フェニーチェではこんなデザートをお出ししています。
s-藤のジェラート

藤の花びらが練りこまれたジェラート

ミルクジェラートの白色に映える、薄紫色の藤の花……

「藤って食べられるんですか?」とシェフに素朴な疑問をぶつけてみました。
もともと食用というわけではないようですが、丁寧に洗浄、殺菌、花びらを塩漬け・酢漬けすることで
消毒や色の発色も良くなるのだそうです。
※ちなみに、使用している藤は指宿市内の別の場所に植えられているもので
レストランスタッフが収穫しに行ったそうです。


優しい色味が印象的なので、このジェラートでは色をきれいにみせる
という所がポイントというわけです

このジェラートの魅力的な所は他にもあります。
なんと、味のアクセントとしてお塩をふりかけます

奄美大島などではお団子を包んだりする時に使われる「サネン葉」がブレンドされた
トカラのお塩で、このサネン葉にはワインの34倍ものポリフェノールが含まれています。

このお塩をかけると、ミルク味のジェラートと酢漬けされている藤が合わさって
クリームチーズみたいな味になりました!!!

少し試食させてもらったのですが、花びらのぽつぽつとした食感が感じられて、
今まで味わった事のないジェラートでした。
見た目はもちろん、味も大満足です

藤の花が咲いているこの時期限定です。
取材したときはすでに残りわずか…の状態でした。

季節の訪れをスイーツで感じるのも、またいいですね



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakusuikan484.blog.fc2.com/tb.php/38-188b83e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)