指宿白水館 スタッフブログ

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

伝統の焼酎造り 

皆様こんにちは。

先日、指宿市内の閑静な住宅地にたたずむ
明治38年創業の蔵元「吉永酒造」を見学させて頂きました。
地元でもよく飲まれている本格焼酎「利八」を造られている蔵元です。
IMG_6665.jpg

まず案内して頂いたのは、焼酎造りが行われる蔵。
昔ながらの木造の蔵に入った瞬間、ふわっと焼酎の香りが漂っていました。
『ここで造っている焼酎「利八」は、二代目杜氏の名前から名付けたものなんです』
そうお話されたのは、五代目杜氏の章一さん。
IMG_6662.jpg

伝統あるかめ壺仕込みの焼酎造りを、現在も受け継がれています。

こちらは焼酎造りに欠かせない原料の「米麹」を仕込むかめ壺です。
なんと100年以上も使われているものだそうです!
IMG_6660.jpg

温泉地・指宿ならではの微量の塩分を含んだ地下水を使って仕込まれます。
IMG_6659.jpg

井戸からくみ上げられた地下水を試飲させて頂きましたが
冷たくて、普通に飲んでも十分おいしいお水でした。

こちらは焼酎を蒸留する機械です。
IMG_6657.jpg

蒸留具合によって酒質が変化するため特に注意が必要だそうです。

じっくり丁寧に作られた焼酎は、平成25酒造年度鹿児島県本格焼酎品評会にて
優等賞を6年連続受賞しています。
蔵のとなりの販売コーナーには、美味しさの証のその賞状が並んでいました
IMG_6669.jpg

ちなみに写真の「利八」に、白と黒のラベルがあるのがお分かりでしょうか?
白いラベルは白麹、黒いラベルは黒麹でつくられています。
章一さん曰く『白麹はお湯割り、黒麹はロックか水割りがおいしいですよ』との事。
指宿旅行のお土産にも喜ばれそうですよね

代々継承された製法と焼酎への思いが、深い味わいを生み出して
いるのだと思いました。
指宿へお越しの際は、地元の焼酎も是非ご賞味下さい。

★【吉永酒造有限会社HP】 http://yoshinagashuzo.wix.com/index


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakusuikan484.blog.fc2.com/tb.php/242-90dd5ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)