指宿白水館 スタッフブログ

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

おもてなしの心 

こんにちは、神薗です(・▽・)
蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
お盆休みを故郷や行楽地で過ごされた方のUターンラッシュが続いているようです。
お車の運転等にはどうぞお気を付けください。

さて、夏休み期間中に薩摩伝承館で開催されております
企画展・大名茶の時代
IMG_5091.jpg


薩摩や九州各県、山口県でつくられたお茶道具を通して、どのような歴史が刻まれたのか
その奥深さと魅力をご紹介する特別展です。
茶陶の展示のみならず、オリジナルの抹茶碗を作成する“ろくろ体験
日本茶の淹れ方と美味しさを体験する“おもてなし講座”や、ゲストをお招きしての
特別講座などのワークショップもあり、毎回多くのお客様にお越し頂いております

その中でも、記念講演会として、宗教学者の山折哲雄氏による講演
「日本人のこころ」が開催されました。
IMG_5086.jpg

おもてなし、思いやり…
英語の「ホスピタリティ」と同じ意味のようですが、日本語のこの言葉は
少し感覚が違うようです。それは日本独自の文化である茶の湯の席でも見受けられます。
例えばお茶会の後、お客様が帰られたあとが本当の「おもいやり」であるとのお話がありました。
つまり、『お客様は無事に帰られただろうか…』と、その後の様子まで気遣うという精神が
日本人が持つ思いやりの心だという事ですね

この考え方は、実は幕末の大名である井伊直弼の精神なのだそうです。
あまり知られていませんが、井伊直弼は立派な茶人であったらしく
お茶の席で言われる「一期一会」は、生死をかけた人と人との出会いの場面であるとの
精神も書物に残しているそうですよ。

日々全国から来られるお客様とお話させて頂く私達にとって、とても興味深い
お話でした。お客様とその日・その時に出会える事に、本当に感謝すべきことだと
改めて感じました。

特別展は8月31日まで開催されます。
本日も日本茶のおもてなし講座、また今後も特別講師による「さつまやき講座」もございます
この機会に是非、薩摩伝承館へお越し下さいませ。
(お問合せ先:薩摩伝承館 0993-23-0211)


スポンサーサイト
薩摩伝承館  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakusuikan484.blog.fc2.com/tb.php/191-7c125d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)