指宿白水館 スタッフブログ

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

【特別展】大名茶の時代 

こんにちは、神薗です(´u`)

毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
熱中症を防ぐには、こまめな水分補給が大切だそうですので
この時期は特に気を付けていきたいものですね。

さて、今回は薩摩伝承館で開催中の特別展
大名茶の時代―薩摩と九州山口の茶陶 をご案内します
IMG_4940.jpg

そもそも、「大名茶」とは…??
江戸時代以降に、国を治めていた武士達がたしなんでいた
茶の湯の交流会のことです。

企画展では、その大名茶の時代にスポットをあて、薩摩焼茶陶の名品を通して
歴史の奥深さや魅力をお伝えしております。
全国6都市から名品を集めていて、鹿児島では今までほぼ見ることが出来なかった
規模の大きい展覧会です。


展示されている作品を、少しご紹介します

錦手鳳凰文茶碗(にしきでほうおうもんちゃわん)
ibento_40.jpg

●明治26年、北白川宮久能親王が苗代川(鹿児島県日置市東市来町)を
訪問した際にお茶を献じた茶碗です。
前面には鳳凰、裏面には“鳳凰が宿る”という桐が描かれています。

柔和なたたずまいの茶碗に、上質で品格ある絵付けがほどこされた
薩摩錦手の優美さが感じられる作品です。


茄子形茶入(なすなりちゃいれ) 銘 慧可(えか)
ibento_41.jpg

●こちらは江戸時代に薩摩でつくられた茶入です。
黒釉の下にかけられた白濁釉が、器面全体に大小の散らし文様に現れています。

貴重な作品がまだまだ展示されています!!
そして、薩摩焼講座やお茶に関するワークショップも開催されていますよ♪
夏休みの時期には、お子様の自由研究などのテーマにも良さそうですよね!

また、先日は宗教学者の山折哲雄氏による記念講演会も行われました。
後日改めてその様子をご紹介させて頂きます。

詳しい内容は、薩摩伝承館HPをご覧下さいませ。

皆様のご来館を心よりお待ち致しております。


スポンサーサイト
薩摩伝承館  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakusuikan484.blog.fc2.com/tb.php/185-ef201d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)