FC2ブログ

指宿白水館 スタッフブログ

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

【2018年】端午の節句 

本日、5月5日はこどもの日ということで、
各地お子様向けのイベントで盛り上がったのではないでしょうか♪

少し前からになりますが、館内にも端午の節句を彩る
飾り付けがされていますよ。

フロントロビーの五月人形と・・・、
IMG_4281.jpg

プールサイドでは、こいのぼりが青空をスイスイ
IMG_4287.jpg

IMG_4284.jpg

端午の端には「はじめ」という意味があり、端午とは5月の最初の午の日 という意味だそうです。
午の「ご」という音が五に通じることなどから、
奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着されたそうです!

鎧や兜を飾ることは武家社会から生まれた風習です。
現代においては、鎧兜は“身体を守るもの”という意味が重視され、
大切なこどもを守ってくれるように・・・という願いを込めて。

またこいのぼりは、鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると
竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ、
どんな逆境にも耐え立派な人になるように、という
願いを込めて飾られるのだそうです。

いつの時代にも、こどもの健やかな成長を願う気持ちは
変わらないものなのですね

当館では、明日10時まで毎年恒例の「端午の節句」イベントとして
中庭(白水庭)にて鹿児島の新茶をお出ししております。
IMG_4322.jpg

季節を感じながら、ぜひお楽しみ下さいませ。


スポンサーサイト

クリスマスがやって来ますね☆ 

皆様こんにちは。

早いもので12月も半ばですね…

さて、冬のお楽しみといえば、やはりクリスマスではないでしょうか
ということで、当館のクリスマスツリーをご紹介致します
<Merry Christmas>白水館で過ごすクリスマス♪

<Merry Christmas>白水館で過ごすクリスマス♪

今年もロビーには、大小5本のツリーが登場しております。
ツリーをバックにお写真を撮られる方もいらっしゃいますよ!

お食事会場や、薩摩伝承館、またリストランテ フェニーチェでは
店内はもちろんお庭も飾りつけております
イルミネーションを眺めながらディナーをゆっくり楽しむ…♪というのも良いですよね!

また、クリスマス期間限定のご宿泊プランも、現在ご予約受付中です。
温泉や砂むし温泉、こだわりのディナーで、
身も心もあったかなクリスマスを過ごしてみませんか?
ご宿泊プランの詳細はこちら

素敵な一時をお楽しみ下さい


明日は十五夜です♪ 

皆様こんにちは。
もう10月!朝晩は涼しく、すっかり秋らしくなりましたね

さて、明日は十五夜ですね。
一晩早く、中庭【白水庭】に十五夜のお供えをいたしました。

お月見は秋の収穫を神様に感謝し、また来年の豊作を願うために行なわれるものです。
今年もお団子を作り、すすきや季節の果物などを飾って
田の神様(たのかんさぁ)」にお供えいたしました。

ちなみに田の神様とは、
鹿児島に伝わる、田を守りお米の豊作をもたらす神様のことです。

十五夜飾り♪

十五夜飾り♪

生花にも栗が使われています♪秋ですねぇ~
十五夜飾り♪

皆様のお住まいの地域の今夜や明日の夜のお天気はどうでしょうか?
キレイな月が見えるよう期待したいですね

今日は七夕です♪ 

皆様こんにちは!

今日は七夕ですね☆彡
館内にも七夕の飾りをお出ししております。
フロントから地下の大浴場「元禄風呂」に行く途中の階段にございます!
2017七夕飾り

笹につけられている、星型や輪っかなどの色とりどりの飾りは
毎年当館のスタッフが手作りしているのですよ。

飾りの中には、今年当館が創業70周年目ということにちなみ、
このようなものもありました!
2017七夕飾り

また、指宿市の夏のコスチュームであるアロハシャツまで!
2017七夕飾り

短冊にお願い事を書くスペースもご用意しております♪
想いを込めて書かれてみませんか
短冊に願いを込めて・・・♪

短冊を書くスペースもご用意しております

鹿児島県では月遅れの8月7日に七夕を行なう地域も多く、
当館でも七夕飾りは8月7日までお出ししております。
お越しの際はぜひご覧になったり、短冊にお願い事を書いて
七夕をお楽しみ下さい!

桃の節句のひな飾り 

皆様こんにちは。

昨日は、私共の敷地内に建つ 薩摩伝承館が開館9周年 を迎えました。
“ここにくれば薩摩がわかる”というコンセプトのもと、これからも薩摩の伝統や文化を
美術品などを通してお伝えできればと思います。
話題の「西郷どん」に関する展示もありますので、お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください♪

さて、話は変わりますがフロントロビーに大きな雛飾りが登場しました
桃の節句 雛飾り1

桃の節句 雛飾り2

春といえば、ひなまつり
これから各地で雛飾りを目にする機会が増えてくるのではないでしょうか。

雛人形にはそれぞれに意味があるようです。
男雛と女雛の結婚式の様子をあらわしているようで、簡単にご説明しますと…

食事のお世話をする三人官女、笛や太鼓を演奏する五人囃子
お内裏様のいわばボディガードをしている随臣(ずいしん)、
笑った顔、泣いた顔、怒った顔をし、人生の喜怒哀楽をあらわす仕丁(しちょう)、
タンスやお茶道具などのお姫様の嫁入り道具 となっています。

意味が分かりますと、見るのが一層楽しめますよね
当館にお越しの際はぜひご覧ください。

まだまだ寒い日が続いていますが、館内の寒緋桜はただいま見頃を迎えております。
寒緋桜2017_1

寒緋桜2017_2

こちらでは最近日が長くなってきていますので、
少しずつ春が近づいているのかな……と感じております

お越しの際は寒緋桜などもぜひご覧ください。